専業主婦のあれもしたい!これもしたい!

日々の家事や育児・生活の中でのおすすめを紹介しています☺︎

専業主婦のあれもしたい!これもしたい!

日々の家事や育児・生活の中でのおすすめを紹介しています☺

おてて絵本

今日の我が家は、

主人→仕事。土曜日もお仕事へ…家族のために毎日ご苦労さまです。

長女→気分転換に!と祖母が鶴橋のコリアンタウンへ連れ出してくれました。

長男→習い事へ。

 

なので、家で過ごすのは私・次女・三女・末っ子。

朝から、次女と三女はお人形遊びをしたりおままごとで仲良く遊んでいました。

末っ子はボール遊びをしたり、お姉ちゃんたちの遊びに混ざっては怒られたり(笑)

お姉ちゃんたちの遊びにはなかなか入れないので末っ子くんは絵本を読むことにしたようで、私は家事をしながら見ていたのですが…

あまりに可愛くて癒される瞬間でした♡

 

末っ子は、まだ文字が読めないのでページをめくる毎に絵を見て楽しんでいるのですが、ちゃんと絵を見て自分なりにお話を考えて言葉にしていました。

 

【泣いている動物の絵が描いてあるページ】

 

「ねこちゃんは泣いてます。」

「ダメしました。」(いけないことをして怒られました。と言いたいようです☺︎)

 

【車の絵が描いてあるページ】

 

「ママはおかいものいきます。」

「パパはかいしゃです。」

「でんわかかりました。」

「かえってくるって〜。」

 

ママは、車でお買い物にいきます。

パパは、車で会社に行きます。

パパはいつも帰宅前に電話をくれるのでそれを言っているんだな〜(笑)

 

末っ子の知る限りの言葉を並べて絵本をめくりながら自分で読む姿に私は、ある遊びを思いつきました!

 

NHKの「みいつけた」という子どもの番組のコーナーを思い出して、次女・三女も呼んで4人で一緒に遊ぶことにしました。

 

【おてて絵本】

両手を絵本に見立てて、想像力を働かせて物語を作り上げていくというあそびです。

子どもの想像力に任せて子どもから物語を引き出す手法で、手をパンパンとたたくと楽しいお話が生まれます。

 

私・次女・三女・末っ子の4人で輪になって1人ずつ【おてて絵本】のはじまり、はじまり〜♩

 

《次女》

あるところに素敵なプリンセスがいました。

可愛いプリンセスは、お城のベッドで眠っていました。

プリンセスはずっと眠っていたのでダンスを一緒に踊りたい王子様はプリンセスを起こそうとしましたがなかなか起きません。

こしょばしたらプリンセスが起きました。

こしょばされて起きたプリンセスは起きた時たくさん笑っていました。

そして、王子様とダンスを踊り結婚しました。

おしま〜い

 

《三女》

ふしぎの種をまきました。

毎日水をあげました。

ふしぎな種はぐんぐんぐんぐんのびました。

大きくなった葉っぱを引っ張るとたまごが出てきました。

たまごを育てているとライオンが生まれました。

私はライオンに名前をつけてそれからずっと一緒に暮らしました。

おしまい!

 

《末っ子》

公園行きました。

怪獣がいました。

一緒にすべりだいしました。

ガオ〜ガオ〜ガオ

怪獣なりました。

おしまい。

 

次女は、プリンセスのお話。

三女は、植物を育てたり最後にはライオンと暮らすという育てるお話。

末っ子くんは怪獣になってしまいました(笑)

 

それぞれ、お話を聞く間は〝わくわく″した表情で笑いながら聞いていました。

子どもの想像力は面白い!

寝る前に長女と長男も入れてまたやりたいなと思っています。

 

すでにある絵本の物語を読み聞かせることもいいですが、こうやって想像力を働かせて絵本を作ることも子どもの心にとってもいいです◎

そして、その物語には子どもたちが今まで経験して学んだことや、子どもたちの無限の想像力がいっぱいつまっています。

素敵な時間を過ごせました♡

 

この後、4人でお散歩に出かけたのですが…

歩きながらずっと【おてて絵本】を次女と三女が楽しんでいました◎