専業主婦のあれもしたい!これもしたい!

日々の家事や育児・生活の中でのおすすめを紹介しています☺︎

専業主婦のあれもしたい!これもしたい!

日々の家事や育児・生活の中でのおすすめを紹介しています☺

どうやって選ぶ?子どもの習い事!【スイミング】

我が子たちは、スイミングに通わせています。

長女→4歳〜

長男→3歳〜

次女→4歳〜

三女→3歳〜

からスイミングスクールに通わせています。

末っ子は、まだ2歳なので来年(3歳〜)からスイミングに通わせようと思っています。

 

始めた年齢にばらつきがあるのは本人のスイミングを始めたいかの意思です。

「やりたくない」と言えばやらせません!

「やりたい」と言えば通わせる方針な我が家です◎

 

スイミングは、私たちから「やってみる?」と声をかけた習い事です。

【スイミングを習わせたいと思った理由】

・体力作り

風邪をひくと悪化して入院までしてしまったり…

アレルギーもあり何かと病院とのお付き合いの多かった長女に何かスポーツをさせて体力をつけたくて、先ず思いついたのがスイミングでした。

・水慣れ

お風呂での洗髪の時に顔に水がかかることを怖がったり、嫌がったりしていたので…

日常生活でのお風呂などの水慣れとプール・川・海などでの水に関わる際に起こりかねない事故に遭ってしまった場合、いざという時に泳げると役に立つと思いスイミングは絶対習わせたいと思いました。

・友達との関わりを経験する

幼稚園などの集団生活が始まる前に同年代のお友達との関わりを経験させたかった。

これに関してはスイミングでなくてもよかったのですが…

未就園児から習い事をさせる上で経験させたかった理由としてはとてもおおきな理由のひとつです。

 

【スイミングスクールを選ぶ条件】

・毎月のレッスンにかかる月謝

スイミングに関しては、子どもたち全員習わせたいと思っていたので…

月額は抑えたかった為、スポーツジムなどが運営するスイミングスクールではなく市営のスイミングスクールに我が家は通わせています。

スポーツジムなどが運営するスイミングスクールは大体が月額6000〜10000円ほどかかるのに対して、市営のスイミングスクールは月額にすると3000円ほどで通っています!

我が家は、3000円としても行く末は月額15000円!!!

6000円だとしたら30000円に!

10000円だとしたら50000円に!!

恐怖の額です〜(T_T)

もちろん!お金を払えば、スイミングスクールまでバスでの送迎があったり…

それぞれの利点があるのですが、そこはコスト削減には変えられませんでした。

 

・自宅からの距離、通いやすさ

平日に兄弟同じ時間帯で通っているので自宅からのアクセス!スイミングスクールまでの距離は重要です。

我が家は長女・末っ子は8歳差ということで1日のタイムスケジュールも1人1人バラバラ。その全員がレッスン時間に間に合うように通えるかは重要ポイント!

レッスン時間をずらせば送迎の負担や待ち時間にロスが出てくる…家事にも影響が出る…

とにかく近さと通いやすさは絶対に譲れない条件でした。

自転車になると少し遠く感じる距離ですが…

我が家は普段私が自由に車が使用できるので車で15分ほどの距離にあるスイミングスクールに通っています。

 

・駐車場の有無

自転車で通える範囲だとしても雨の日、冬の寒い日など…

どうしても車で行きたい日や我が家のように車でしか通えない場合。

スイミングスクールに駐車場が有るか無いかは重要です!

今通っているスイミングスクールより近場にスイミングスクールがあるのですが…

駐車場が無く、近場にコインパーキングもないので諦めました。

 

・指導方針

我が家は、今通っているスイミングスクールは2件目なのですが…

スイミングスクールによって指導方針はかなり変わります!

最初に通わせていたスイミングスクールは、ある程度泳法のフォームができていてきちんと決められた距離を泳げれば合格という感じで直ぐに上の級・クラスに上がっていける感じでした。

今通っているスイミングスクールは、泳法のフォームは完璧に且つ決められた距離を泳げていれば合格。

スイミングスクールを変えた時に前のスイミングスクールでバタフライを泳いでいた長女はクロールクラスに落とされまた1からやり直しになりました!

今では、すべての泳法を合格できた長女ですが本当に泳法すべてのフォームが綺麗に泳げていて!合格までの道のりは厳しいものでしたがスイミングスクールを変えることで得たものは大きかったなと思っています◎

 

そして、私は水泳について子どもたちにオリンピック出場や水泳選手になることを望むわけではなかったので気になるポイントではなかったのですが…

スイミングスクールによっては、すべての泳法をマスターした後のクラス・コースについて、

選手コースや育成コースを設けているところといないところがあり。

スイミングスクールでの大会や他のいろいろな大会に出場ができるところもあるようです!

我が子たちが通うスイミングスクールには両方ありません。

お子様を水泳選手に!とお考えの方はそこもスイミングスクールを選ぶ際には確認された方がいいと思います。

 

スイミングスクールは、各地いろんなところにそれぞれの指導方針・運営方法であります。

お子様の条件にあった素敵なスイミングスクールに通うことができますように…